【平磯屋商店】お菓子感覚の少量干し芋!スーパーで買える平干し干し芋2種食べ比べレビュー

平磯屋商店 紅はるか シルクスイート 干し芋 さつまいも

茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町にある株式会社「平磯屋商店」。
茨城県産の丸干し・角切り・平干しの干し芋を中心に焼き芋やさつまいもアイスなどを販売している会社です。
今回は、少量サイズの紅はるか・シルクスイートの平干し干し芋合計2種類をいただいたのでご紹介します。

「平磯屋商店」のこだわり

一部は自社農場で農薬を使わずに生産されたさつまいもを使用しています。
苗から無農薬で育てることでさつまいも本来の甘さと香りが引き立つそうです。
そして収穫後糖化させるため、最低1か月以上はさつまいもを寝かせています。

そのさつまいもを乾燥機と自然乾燥を使い分け、独自の加工方法で乾燥をし干し芋を作っています。

レビュー

紅はるか

平磯屋商店 紅はるか 干し芋

価格/内容量:398円/80g

まずはパッケージ。
透明なパウチにシンプルなデザイン。
干し芋にモザイク?がかかっていますね。
真ん中には紅はるかの特徴が記載されています。
一般的な説明ではあります。笑

肝心の干し芋は、芯がある。
パッケージには「やわらかな食感」と記載ありましたが、なんか硬い。
繊維感があります。
甘さも特に感じません。
風味も薄い気が、、。

シルクスイート

価格/内容量:398円/80g

まずはパッケージ。
こちらも同じく透明なパウチにシンプルなデザイン。
真ん中にはシルクスイートの特徴が記載されています。
シルクスイートで「さっぱりとした甘さ」なのは意外です。

肝心の干し芋は、確かにさっぱり。
食感は、柔らかくしっとりしています。
繊維感もあります。
なんとなく私は食感が苦手です。
さつまいもの自然な香りがします。
甘さは少なめで優しい味です。

総評

人工甘味料のようなチープさ。

2種類とも甘くはなかったです。
自然派だからということではなく何故か人工的な味。
シルクスイートは初めて「もういらない」と思いました。
普段は200gペロリなのに、、
干し芋とは認めたくないかな。

そのためどちらかといえば紅はるかの方がマシでした。
消去法かな。

どこで買えるの?

少量サイズの紅はるか・シルクスイートの平干し干し芋は、東急ストアなどのスーパーで購入できます。

通販には同じものはありませんでした。

まとめ

今回は、「平磯屋商店」さんの少量サイズの紅はるか・シルクスイートの平干し干し芋合計2種類をいただきました。

「平磯屋商店」さんでは、少量サイズの紅はるか・シルクスイートの平干し干し芋以外に数種類の干し芋も販売しています。
今回はハズレでしたが、美味しいものもあったので是非チェックしてみてください!
今回のも意見は人それぞれなので気になる人は試してみてください。

ごちそうさまでした!

\スーパーで買える干し芋はこちら/

\その他さつまいも情報はこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました