累計700冊以上の本から厳選!未だに忘れられない絶対に泣ける感動小説おすすめ5選

忘れられないおすすめ小説 その他

最近本を読んでいますか?

小説は、登場人物に憑依して現実と異なる世界を疑似体験できるエンターテイメント!
誰にでもなれてどこにでも行けるのが魅力です。
だからいつの間にか時間を忘れて読書に没頭してしまうことも。
さらに物語を通じてハッと気付かされ、現実世界への見方も変わります。

「活字離れ」が叫ばれる中、

もう一度読書の魅力を実感してほしい。
読書を通じて自分を見つめ直してみてほしい。
人生を変える1冊に出会ってほしい。

累計700冊以上の本を読んだ私が忘れられない絶対読むべきおすすめの小説を5冊ご紹介します。

おすすめの小説5選

影法師 |百田尚樹

武士の生涯をかけた熱すぎる友情の物語。

他人のために見返りを求めず、自分の人生を犠牲にできますか?

私はここまで思える友情をまだ知りません。
人間として他人を尊敬し、誰に求められたわけでもないのに人知れず尽くすことは中々できることではないと思います。

この小説では、友情を超えた人間としての愛情を感じました。
幼い頃一緒に切磋琢磨してきた2人の武士が、光と影に別れて正反対の人生を歩みます。
単なる実力の差・運の悪さ・性格・環境など様々な要因が浮かぶかもしれません。
成功した方は「なぜあいつはこんなに落ちぶれてしまったんだろう。」とたまにふと頭をよぎるだけ。
自分が成功した本当の要因なんぞ深く考えることはないんです。

しかし、必ず影があるから光がある
自分の成功の裏には、昔の親友の人生をかけた並々ならぬ働きかけがあったんです。

その事実を知った時、あなたならどうしますか?
すぐに親友の元に行き伝え切れないほどの感謝と謝罪をし、「次は自分が」と親友を救おうとしますか?

そう思った時にはもう遅い。
すでに相手はこの世にはいない。
「落ちぶれたやつ」と過去の思い出にしていた親友と、どんなに会いたくても会えないんです。

どれだけ辛いことか。
「今までなぜ気づかなかったのか」「なぜ気にかけてあげられなかったのか」と自分を責めることしかできません。

この小説を読み終わった後、心が揺さぶられない人はいないです!

自分の今の生活があるのは、決して自分がすごいからではありません。
もちろんたくさんの努力をしてきた人もいるでしょう。
しかし周りの人の助けがあって初めて成り立つものだと思います。
だからこそ「時すでに遅し」となる前に周りには日々感謝の気持ちを持ち、自分も他人のために働きかけることができる人間になりたいと強く思えました。

モンスター |百田尚樹

愛に飢え整形を繰り返す女の物語。

整形をすることに悪い印象を持っていますか?

私は好きな自分でいるための手段の一つだと思っています。
自分の容姿にコンプレックスを持っていて自己嫌悪に陥るくらいならば、整形は決して否定されることではありません。

この小説では、人間の非情さを突きつけられました。
容姿のせいで幼い頃からずっと「モンスター」と呼ばれ恐れられていた女。
初恋をずっと忘れられず好きな人に振り向いてもらいたい一心で、顔を変え名前を変えて凄まじい努力を重ねていきます。

そんなことをつゆも知らない周りの男性は、見違えるような絶世の美女に手のひら返しのような神対応。
どんな男性でも美女には弱いんです。

まさに「人は見た目が9割」説を証明してくれています。
「性格が良ければいい」なんて容姿がある程度の基準をクリアすることを条件とした戯言だなと思いました。笑
そもそも容姿がいいと思わなくては性格を知ろうとは思いませんよね。

そのやっと手に入れた美しさを武器に、今まで受けた残酷な仕打ちの仕返しをしていきます。
さらに初恋の相手を振り向かせるだけでなく、翻弄させることにも成功します。
しかし最後には身がボロボロになっても本当の自分を知って欲しくて決死の覚悟で、自分の素性を彼に打ち明けてしまいます。
そしてそのまま好きな人の腕の中で息絶えるのです。

彼女は本当に幸せだったのでしょうか。
周りに仕返しをし、好きな人に愛されて悔いのない人生を全うできたのでしょうか。

周りの男性は彼女自身ではなく、彼女の容姿しか見えていなかったのだと思います。
その証拠に彼女の過去を打ち明けられた男性は、彼女の死後悲しみにふけることもなく恐怖でその場から逃げてしまいました。
最後まで彼女は報われず誰からも真の意味で愛されることがなかったのでしょう。

これは他人事ではありません。
男性に限らず女性でも容姿で人を判断しがちです。
容姿が良ければなんでもよく見える魔法にかけられることもあります。
だからこそ本当の美しさ・大切なものは何かを改めて考えさせられました。

君の膵臓をたべたい |住野よる

秘密を共有した男女の運命の物語。

自分に死が近いことを知っていたら何をしますか?

私はとりあえず好きなものを好きなだけ食べます。笑
そしてできるだけ長く家族と一緒にいたいです。

この小説では、運命の残酷さを感じました。
クラスで大人しく寡黙な男の子が、元気で明るくムードメーカーな女の子の秘密を知ってしまいます。
それは膵臓癌であるということ。

自分に死が迫っているという事実をおくびにも出さず気丈に振る舞う女の子に男の子は振り回されます。
もちろん彼女は本当は恐くて恐くて仕方がなかった。
その想いを共有できるのが彼しかいなかったんです。

しかし、2人は友達でもなく恋人でもない関係。
お互いがお互いに憧れている、そんな言葉にする必要のない特別な関係でした。

結局、彼女は病気ではなく運命の嵯峨によって亡くなってしまします。
病気による死を覚悟していた彼女は家族や友人に手紙を書いていました。
そこには彼女の素直な想いが綴られていました。

そして手紙の最後には、男の子が女の子に最後に送ったメールと同じ言葉が。
「君の膵臓をたべたい」

この小説で泣かない人は信じられません!!

私は電車の中で読み終わって泣いてしましました。
その感動から実写化された映画も観ましたが、やっぱり小説に戻ってしまいます。
この記事を書いている現在も涙目になっています。笑

天国までの百マイル |浅田次郎

人生のどん底まで落ちた男が母のために奮闘し気付く愛の物語。

お金があれば幸せですか?

お金が全てだと思い人間の心を忘れた人もたくさんいます。
生きていく上でお金は必要不可欠ですが、お金のせいで大事なものが見えなくなるような人にはなりたくないです。

この小説では、様々な愛の形を知りました。
お金も家族も失った男が自分を見つめ直し、心臓病を患った母に遅めの親孝行をしようとします。
そのために母をボロボロの車に乗せて病院までの百マイルを走ることを決意します。

苦労ばかりしてきたのに、自分のことよりも子供たちの心配をし続ける母。
母の深い愛情に改めて触れ、自分の命に変えても母を守りたいと思ったのです。

そんな男を全てを失ってから資金面でも精神面でも支えてくれた女性がいました。
彼女は人を安心させてくれる包容力があり、自分の居場所を提供してくれる存在でした。

当初男は彼女のことをほとんど知らず知ろうとも思っていませんでした。
彼女はいつでも自分を受け入れてくれ愛してくれると疑わず、甘えきっていたからです。

しかし母の病状が落ち着き自分のこれからを考えると、最初に思い浮かんだのは彼女の存在でした。
ようやく彼女を愛しているという気持ちが確信に変わった時、彼女は姿を消していました。
それが彼女なりの最大の愛情表現だったのです。

好きな人には幸せになってほしい。
そのためには自分が身を引くしかない。

こんな悲しい愛があっていいのでしょうか。
もしかしたら自分が傷つきたくないからこそ先に身を引いたのかも知れません。
ようやく実ったはずの愛を自ら手放せる勇気と強さに感動しました。
そして当たり前だとあぐらをかいて、大事な人に別れを決意させてしまう男の醜さにハッとさせられました。

蜜蜂と遠雷 |恩田陸

ピアノコンクールを舞台にした4人の天才の物語。

この小説は、内容というよりも恩田陸さんの表現力に感服した作品です。
クラッシック音楽の知識が全くない私にも、音を聴いていないのにどんな曲か伝わります。
また同じ曲でも4人の弾き方・世界観の違いも簡単にイメージすることができます。

文字だけで読者の想像力を掻き立ててくれるんです!!

まるで本当に自分がピアノコンクールの会場で1人の客として音楽を聴いているかのような臨場感も体験できます。

活字の実力をまざまざと見せつけられ、もうぐうの音も出ません。
一冊が分厚く文庫本は上下巻に分かれていて読書初心者にはハードルが高いかも知れませんが、絶対に読んでください。
読書の魅力に取り憑かれるきっかけの一冊になると思います。

まとめ

おすすめの小説5選

  • 影法師 |百田尚樹
  • モンスター |百田尚樹
  • 君の膵臓をたべたい |住野よる
  • 天国までの百マイル |浅田次郎
  • 蜜蜂と遠雷 |恩田陸

本への愛を詰め込みすぎてしまいました。笑

映像化されている有名な話がほとんどでしたが、本でも読んでほしい!!
映像には含まれていない原作ならではの話が入っているため、感じ方も変わっていきます。
内容・結末を知っていても、新鮮な気持ちで物語の世界観に浸れることは私が保証します。

そして電子書籍ではなく、紙で実際に触れて読んでほしいです!
なんでも情報が手に入るネット社会の現在だからこそ、デジタルから離れることが大事です。
より物語の厚みに触れられる気もします。

読書する時間がない人は、寝る前の10分でも本と向き合ってみてください!

小説だけでなく、また多くの人に読んでほしい本に出会ったらご紹介します。

\読書記録だけでなく人気本・読者の感想もわかる読書好き必見サイト/

コメント

タイトルとURLをコピーしました