MetaMask(メタマスク)で暗号資産管理!ウォレット登録・入金送金方法とは

MetaMask 仮想通貨

仮想通貨やNFTなどのトークンを保管管理できるホットウォレット MetaMask

特にNFTコレクターは避けては通れない必須のアプリです!

「なんでメタマスクが必要なの?」
「メタマスクの使い方がわからない」
「スマホとパソコンでウォレットを同期して使いたい」

今回は、メタマスクの特徴・メリット・使い方・注意点などを徹底解説します。

メタマスクとは

メタマスクとは、イーサリアムブロックチェーンの仮想通貨やNFTを保管管理できる電子上のお財布

✔️ホットウォレット

✔️全てのERCトークンに対応

✔️DeFi(分散型金融)サービスに連携可能

インターネットに接続されているためGoogle Chromeなどのブラウザ拡張機能が使用できます。

dApps(分散型アプリケーション)・ブロックチェーンゲーム・DEX(分散型取引所)などに連携可能です。

メタマスクを利用するメリット

無料で利用できる

メタマスクはダウンロード時の登録料も維持費も初期費用全て無料です。

初心者がとりあえず作成しておこうと仮想投資を始めるハードルが下がるのが魅力です。

入出金手数料は別途かかります。

誰でも使いやすい

メタマスクは英語だけでなく日本語にも対応しています。

視認性が高いシンプルでわかりやすいインターフェイスで初期設定も簡単です。

ユーザーが多いので使い方がわからなくなっても情報収集がしやすいです。

スマホでもパソコンでも使える

メタマスクはWebブラウザの拡張機能やスマホアプリとして利用できます。

対応ブラウザ
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Brave
  • Edge
  • Opera
対応スマホ
  • iPhone
  • Android

スマホアプリで登録しておけばいつでもどこでも取引が可能です。

スマホとパソコンを同期して同じアカウントで開くこともできます。

複数ウォレットの作成も可能です。
使用用途に合わせて使い分けられて便利です。
ハッキング防止のためにネットワークに接続する用と動かさない保管用に分けるのがおすすめです。

複数銘柄をまとめて管理できる

メタマスクはイーサリアムだけでなく、ポリゴンなどERC-20・ERC-721などすべてのERCトークンに対応しています。

一つのウォレットでブロックチェーンの切り替えで一括管理できるので利便性が高いです。

取引所を通さずにトークンの交換ができる

一般的に仮想通貨を交換(スワップ)する場合、取引所に通貨を送金しなければなりません。

メタマスクではウォレット内で完結できるので手間が省ける上に安全です。

ガス代を自分で設定できる

仮想通貨の入出金やスマートコントラクト取引の際には手数料(ガス代)がかかります。

一般的にガス代はイーサリアムネットワークの混雑状況に合わせて自動的に設定されます。

メタマスクでは自分でガス代を低速・中速・高速の3段階で設定可能です。
ガス代を高く設定すればするほど優先され取引スピードが速くなります。

メタマスクの始め方

メタマスクはパソコンとスマホどちらからでもインストールできます。

初期設定は同様です。

シークレットリカバリーフレーズはアカウントの復元に必須です。
公開されると資金が全て盗まれる可能性もあるので、紙ベースでも保管しておきましょう。

PCブラウザ版

MetaMask PC
出典:メタマスク
  • MetaMask公式サイトからダウンロード

    対象ブラウザでリンクを開いてください

  • 拡張機能を追加
  • ウォレットを作成・初期設定

スマホアプリ版

MetaMask - Blockchain Wallet
MetaMask – Blockchain Wallet
無料
posted withアプリーチ
  • MetaMaskアプリをダウンロード
  • ウォレットを作成・初期設定

アカウントの復元・同期・インポート

アカウントが一つの場合

  • リカバリーフレーズを確認

    「設定」→「セキュリティーとプライバシー」→「シークレットリカバリーフレーズを公開する」→パスワードの入力

  • MetaMask Top画面でウォレットをインポート
  • リカバリーフレーズの入力・パスワードを作成
  • インポート

アカウントが複数ある場合

リカバリーフレーズとは別に、秘密鍵(プライベートキー)が必要です。

  • 追加したいアカウントを選択
  • 秘密鍵を確認

    「設定」→「セキュリティーとプライバシー」→「秘密鍵の表示」→パスワードの入力

  • アカウントを追加したいウォレットに秘密鍵を入力
  • インポート

メタマスクの使い方

メタマスクに入金

取引所で仮想通貨を購入する

メタマスクで仮想通貨を管理するには取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

仮想通貨初心者の方はまずは口座開設から始めてください。

取引所からメタマスクに送金

  • メタマスクのアドレスを確認

    クリップボードへコピー

  • 取引所に送金先アドレスを入力
  • アカウントを追加したいウォレットに秘密鍵の入力
  • 送金

取引所によっては手数料がかかります。

送金先アドレスを間違えると資金を取り戻せなくなります。
一度少額で送金してみて無事に反映されているのを確認しましょう。

メタマスクから送金

  • メタマスク内の送金したい通貨を選択
  • 送金先アドレスを入力
  • 金額とガス代を入力
  • 送金

スワップ

  • メタマスク内のスワップしたい通貨を選択
  • 数量・交換したい通貨を入力
  • スワップ

スワップできない場合は、詳細オプションで最大スリッページのパーセンテージを上げてみましょう。
※スリップページとは、注文時の価格と承認時の価格の誤差を指します。

トークンを追加

ERCトークンの場合
  • 「トークンを追加」をタップ
  • 追加したいトークンを検索
  • 追加
検索できない場合
  • 「トークンを追加」をタップ
  • トークンのアドレスを入力

    カスタムトークン
    シンボルと小数桁数はetherscan参照

  • 追加

まとめ

暗号資産専用のソフトウェアウォレット MetaMask

セキュリティと利便性の高さから最も人気のホットウォレットです。

NFT・ブロックチェーンゲームなどを始めるなら作成必須です。

リカバリーフレーズと秘密鍵を紛失してしまうと資産を取り出せなくなります。
外部に公開してしまうと財布ごと盗まれるので注意が必要です。

暗号資産で最も備えるべきリスクは、ハッキングリスクです。
詐欺サイトに引っ掛かることもあり、いつどこで資産が流出するかわかりません。

メタマスクなど自分のウォレットを作成して保管しましょう。
Webに依存しないハードウォレット TREZOERなら最も安全に保管できます。

\ウォレットの盗難防止!/

\仮想通貨でNFTに投資しよう/

コメント

タイトルとURLをコピーしました