【西小山】銭湯の無人販売の焼き芋店「おふろのおいも」2種食べ比べ

おふろのおいも さつまいも

東京都品川区小山にある焼き芋店「おふろのおいも」。
「東京浴場」という銭湯の前で紅はるかとシルクスイートの2種類の焼き芋を無人販売するお店です。
「有吉くんの正直さんぽ」「news every.」などのテレビメディアでも紹介されて話題です。

今回は、紅はるかとシルクスイートの焼き芋2種類を食べ比べてみたのでご紹介します。

「おふろのおいも」のこだわり

さつまいもは、店長の故郷である福島県郡山市の青果店「SENDOYA(センドヤ)」の紅はるかとシルクスイートを使用しています。

そのさつまいもを冬でも温かいボイラー室で1カ月ほど熟成し、専用のロースターで2時間じっくり焼き上げています。

レビュー

紅はるか

価格:350円(1本) 700円(2本) 1000円(3本)

3本買うと少しお安くなります。

まずはパッケージ。
シンプルな茶色い紙袋に焼き芋がそのまま入っています。
ケースに並んだ焼き芋を自分で選んで紙袋に入れる方式です。
自分で見比べて美味しそうな焼き芋を選べるのはポイントですね。
袋の下部には大きくお店のロゴスタンプが押されています。

肝心の焼き芋は、空洞を感じる。
皮にハリがある分、掴んだ時に思ったよりも身が少なくしぼみ方が気になります。
表面に蜜が結晶化したシルクロードのような筋が見えます。
全体的にサラッとしていてひげ根もなく綺麗です。
大きさは150gほどのMサイズです。
端は切らずにそのまま焼き上げられています。

断面がこちら↓

食感は、ねっとり。
蜜を感じます。
しっかり甘いです。
濃厚な甘さです。
皮はサクッと食感です。
皮ごと食べるのがおすすめです。
しかし端は少し硬いです。

シルクスイート

価格:350円(1本) 700円(2本) 1000円(3本)

パッケージは同様です。

肝心の焼き芋は、野性味。
表面のひげ根や皮が剥けている部分が少し気になります。
皮が厚めで飾り気がなく素材そのまま感があります。
こちらも大きさは150gほどのMサイズです。
端は切らずにそのまま焼き上げられています。

断面がこちら↓

食感は、しっとり。
割とさっぱりしています。
しかしとにかく苦いです。
端がゴリっというほど硬いです。
甘さをほとんど感じず、これは食べるものではないなという印象です。

総評

中途半端?

個体差はあるのだろうけれども流石に焼き芋好きを侮りすぎかなと思いました。
さつまいも選びからこだわりがないのかな。
銭湯ならではのボイラー室で熟成しているということですが、温度管理が甘そうです。
紅はるかは皮の食感もよく美味しくいただけましたが、シルクスイートは食べ切れませんでした。
手広く事業を広げすぎかもしれません。
値段も安くないので、焼き芋を食べたくなったらスーパーやコンビニで買った方が安全です。
しかし銭湯屋さんの焼き芋という惹きはあるので、一度は試しみてもいいかと思います。

店舗情報

おふろのおいも
5:00〜8:00 14:00〜翌2:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌平日)

 〒142-0062 東京都品川区小山6丁目7−2

まとめ

今回は、「おふろのおいも」さんの紅はるかとシルクスイートの焼き芋2種類を食べ比べてみました。

「おふろのおいも」さんでは、現状2品種のみですが品種を変えたりさつまいも以外の焼き芋も検討中だそです。
銭湯は年中営業していますが、焼き芋店は毎年12月~翌3月の期間限定の営業になります。
支払い方法は、設置してある箱に入れる現金かpaypayかで選ぶことができます。
銭湯も評判が良く、サウナなど朝風呂も楽しめるそうです。
西小山に行った際は、是非足を運んでみてください!

ごちそうさまでした!

\東京都内の焼き芋店はこちら/

\さつまいも好きのダイエット方法はこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました