【飯田橋】商店街の甘い名物「神楽坂フーズガーデン」紅はるか焼き芋

神楽坂フーズガーデン 焼き芋 さつまいも

東京都新宿区神楽坂にある食品店「神楽坂フーズガーデン」。
かたくなに、こだわりを持った品揃えの数々を売りにする八百屋さんです。
9月中旬から4月末まで限定で、徳島県産なると金時の自家製大学芋が特に人気です。

今回は、季節限定の焼き芋をいただいたのでご紹介します。

「神楽坂フーズガーデン」のこだわり

さつまいもは、紅はるかを使用しています。
収穫後室で熟成させています。

そのさつまいもを店頭にある焼き芋専用のストーブ窯?でじっくり焼き上げています。

レビュー

価格:350円(税込)

まずはパッケージ。
緑色の縦長の紙袋に窯から出した焼き芋をそのまま入れてくれます。
あつあつでそのまま食べ歩きにも最適です。
神楽坂通り商店街にあるからか、中心に神楽坂の札?のようなイラストが描かれています。
下部には「”味本来”の品揃えをかたくなに守り続ける!」という強い意志も記載されています。

肝心の焼き芋は、絶対に甘い!
表面に滲み出る蜜や柔らかさ・めくれた皮から見える身の色味からして甘いことが確定しています。
皮もひげ根が取り除かれていてフラットで綺麗です。
蜜でグジュグジュにはなっておらず、案外サラッとしています。
大きさは150gほどのMサイズです。
端は切らずにそのまま焼き上げられています。

断面がこちら↓

食感は、完全にねっとり。
やはり蜜です。
柔らかいですが、意外と硬さも残っています。
もちろんしっかり甘いです。
皮の食感もあり、焦げ目が香ばしいです。
少しの苦味がアクセントになっていて、キャラメルのようです。
芋感もあり食べ応え抜群です。

総評

庶民派焼き芋の1軍!

昔ながらの小さなお店構えということもあってか、全体的にいい意味で雑な印象です。
最近流行の一本一本大事に扱われた箱入り娘のような高級焼き芋とは違います。
最後までしっかり素材本来の甘さを感じながら美味しくいただけます。
皮のパリサクっとした食感も病みつきです。
手がベトベトになるくらい蜜蜜しいわけでもなく、さつまいものほっくりとした食感も残しつつねっとりなので満足度も高いです。
たまたま焼き芋の幟が目に入ったので購入したのですが、功を奏しました。
必ずリピートする逸品です。

店舗情報

神楽坂フーズガーデン
10:00~19:00
定休日:日曜日・祝日

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目2−15

まとめ

今回は、「神楽坂フーズガーデン」さんの季節限定の焼き芋をいただきました。

「神楽坂フーズガーデン」さんでは、9月中旬から4月末まで大学芋と焼き芋を販売しています。
大学芋はファンが多いので必見です。
また全国各地から集めた野菜やお煎餅なども取り扱っています。
飯田橋・神楽坂に行った際は、是非足を運んでみてください!

ごちそうさまでした!

\東京都内の焼き芋店はこちら/

\さつまいも好きのダイエット方法はこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました