【ほしいも工房ふたかわ】紅はるかの平干し・丸干し干し芋食べ比べ

ほしいも工房ふたかわ さつまいも

茨城県ひたちなか市三反田に本社がある株式会社「ほしいも工房ふたかわ」。
通販で干し芋・焼き芋とお米を販売している農家さんです。
ひたちなか・東海・那珂ほしいも協議会から三つ星認定を受けていて、5回も入賞経験があります。

今回は、「おいものまんま」と「特選」の2種類の干し芋を食べ比べてみたのでご紹介します。

「ほしいも工房ふたかわ」のこだわり

さつまいもは、紅はるかを使用しています。

さつまいもの生産から加工まで全てを自社で担っています。
農薬の使用をできるだけ抑えて栽培し、専用貯蔵庫にて温度・湿度を徹底管理することで糖度を十分に引き出しています。
さらに低温冷風乾燥機で干すことで虫や砂ぼこり等が付着することなく、衛生的にしっとりと半生の食感に仕上げています。

レビュー

特選

価格/内容量:648円(税込)/200g

まずはパッケージ。
干し芋がプラスチック容器に重ねられて透明な袋に入れられています。
袋自体はシンプルですが、もはや干し芋がデザインの役割を果たしていて上品な印象です。
特選ということだけあってか、中心のシールは黒バックに金文字で高級感を演出しています。
しかし値段で見ると高くはなく良心的ですね。
「ふたかわ」の字体が丸っこくて個人的に好きです。
なぜか英語で「Healthy Sweets」とだけ記載あります。

肝心の干し芋は、完全な雪化粧。
粉砂糖を振るいすぎたよね?と聞きたくなるほど真っ白です。
あくまでさつまいもの澱粉が結晶化したもので天然の粉ですが、多少手につきます。
食感は、しっとり。
見た目からか足跡がついて少し踏み固められた雪のような柔らかさです。
じんわりとした適度な甘みもあります。
優しくさつまいもの風味も感じられます。
あんこを連想させ、見た目も味もきんつばのようで食べやすいです。

おいものまんま

価格/内容量:648円(税込)/4本

まずはパッケージ。
干し芋がプラスチック容器に並べられて透明な袋に入れられています。
中心のシールは、背景がキャンバスで親しみやすさが演出されています。

肝心の干し芋は、おやつ。
串に小さめの干し芋が刺さっているので、手が汚れず食べやすく間食向きです。
食感は、ねっちり。
甘さは控えめです。
風味は鼻の奥で感じます。
見た目からもこしあん団子のような感覚です。
小さいながら丸干しならではの満足感があります。
お祭りの屋台で売ってほしいです。

総評

優しい和菓子。

どちらも優しい甘さと食感が、こしあんを連想させました。
主張しすぎないのにしっかりと芯がある甘さです。
そして量は違えどどちらも1袋での満足度が高いです。
もちろん「特選」は少し高級な老舗和菓子、「おいものまんま」は昔ながらの地元に愛される和菓子といった違いは感じます。
同じ値段ならば「特選」の方がコスパがいいかもしれませんね。

どこで買えるの?

「特選」と「おいものまんま」は、「ほしいも工房ふたかわ」の店舗で購入できます。
オンライン通販では、大容量の平干しと丸干しのみの販売です。

東京では、茨城県のアンテナショップ(イバラキセンス)などで購入可能です。
ふるさと納税の返礼品としても取り扱っています。

ほしいも工房ふたかわ
9:00〜17:00
定休日:土曜日・日曜日

〒312-0021 茨城県ひたちなか市三反田904

まとめ

今回は、「ほしいも工房ふたかわ」さんの「おいものまんま」と「特選」の2種類の干し芋を食べ比べてみました。

「ほしいも工房ふたかわ」さんでは、干し芋以外にも焼き芋やお米を販売しております。
干し芋は定期便での購入もできるので、干し芋好きには天国です。
お取り寄せ干し芋としてギフトにも最適なので、是非チェックしてみてください!

ごちそうさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました