【ダイエー】ネットスーパーでは買えない!焼き芋2種食べ比べ

ダイエー 焼き芋 紅はるか 鳴門金時 さつまいも

東京都江東区東陽に本社があるスーパーマーケット「ダイエー」。
関東・近畿地方に展開しているイオングループの地域密着型スーパーマーケットです。
店舗・ネットスーパー以外にもオンラインマルシェで全国のグルメや家電、アクセサリーなど販売しています。
販売経路を拡大している中、店舗でしか買えない商品の一つが焼き芋!!

今回は、紅はるかと鳴門金時の焼き芋2種類をいただいたのでご紹介します。

「ダイエー」のこだわり

厳選したさつまいもを長期熟成して糖度を高めてから使用しています。

そのさつまいもを少し温度を下げて長時間加熱することで、より糖度の上がるように焼き上げています。

レビュー

紅はるか

ダイエー 焼き芋 紅はるか

価格:166円(税込)

まずはパッケージ。
スーパーの焼き芋ではメジャーの茶色い袋に焼き芋がそのまま入っています。
焼きいもの文字が大きく印字されていて、細長いのでどんな形のさつまいもでもカバーできるのが焼き芋専用袋の利点です。

肝心の焼き芋は、さつまいもの剥製。
袋に印字されている焼き芋らしきイラストにも似ているかもしれません。
持つと固めで腐らないのではと思えるほどしっかりしてます。
このまま飾っても違和感はありませんよね?笑
サイズは200gほどの大きさです。
端は切らずに焼き上げられています。

断面がこちら↓

ダイエー 焼き芋 紅はるか

やはり皮が硬い。
サクサクパリパリというよりバリバリです。
そのため噛み応えがあります。
特に端はバリカタで顎を酷使します。
中はねっとり甘め。
メープルのようなコクのある甘さです。
歯にくっつきやすくキャラメルを連想させます。

鳴門金時

ダイエー 焼き芋 鳴門金時

価格:248円(税込)

半額でgetしました。

まずはパッケージ。
シンプルな白い袋に焼き芋がそのまま入っています。
産地と品種名が記載されたシールが右上に貼られているだけです。

肝心の焼き芋は、鳴門金時ならではの細長さ。
鳴門金時のムラのない紫色で細長いイメージそのままです。
皮の質感もありカーペットのような色合いですよね。
サイズは同じく200gくらいです。
こちらも端は切らずに焼き上げられています。

断面がこちら↓

ダイエー 焼き芋 鳴門金時

食感は、ホクホク。
甘みは強くありません。
さつまいもの煮物ような優しく素朴な味です。
ふかし芋にも近いかもしれません。
定期的に食べたくなるんです。
皮の食感も残ってます。

総評

月とすっぽん。

紅はるかに関しては個体差があると思いますが、味も食感もまさに正反対の2種類でした。
ハード系の中に甘さがガツンとくるツンデレの紅はるかと、ずっと変わりのない暖かさで受け入れてくれる優男の鳴門金時。
どちらも捨て難いです。

ちなみに私は紅はるかが好きでした!
パンでもなんでも硬めが好きなんです。
焦げるか焦げないかのギリギリのラインとあたいところですかね。
食べるのが大変ではありましたが、小顔効果もあると信じています。笑
そしてやはり香ばしい甘さに惹きつけられてしまいました。

まとめ

今回は、「ダイエー」さんの紅はるかと鳴門金時の焼き芋2種類をいただきました。

「ダイエー」さんは、関東・近畿地方に展開しています。
店舗や時期によって品種も味も食感も異なるので、店舗食べ比べもいいかもしれません。
次は安納芋を狙いたいと思います!
またさつまいも関連では、イオングループのブランドトップバリューの干し芋も販売しています。
是非食べてみてください!

ごちそうさまでした!

\スーパーで買える焼き芋・干し芋はこちら/

\さつまいも好きのダイエット方法はこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました