【戸田】移動販売の焼き芋専門店「いも子のやきいも 阿佐美や」3種食べ比べ

いも子のやきいも 阿佐美や 焼き芋 さつまいも

埼玉県戸田市を中心に移動販売をしている「いも子のやきいも 阿佐美や」。
店舗を持たず、さいたま市と戸田市で週3回ほどの移動販売や通販で焼き芋を販売するお店です。
「さつまいも博」などのイベント出店でも人気です。
「NHKワールド」「BACK STAGE」などのテレビ出演でも話題です。

今回は、紅あずま・プレミアム金時いも・プレミアム紅はるかの焼き芋合計3種類を食べ比べてみたのでご紹介します。

「いも子のやきいも 阿佐美や」のこだわり

さつまいもは、子どもも安心して食べられるように無農薬・無化学肥料のものを使用しています。
そのさつまいもを1時間かけてじっくり焼き上げることで、甘みを最大限に引き出しています。
焼き方は、壺焼きと石焼きの両方を楽しめます。

レビュー

紅あずま

価格:500円(税込)

千葉県加瀬農園の無農薬栽培のさつまいもです。

まずはパッケージ。
タイベック素材のマチ付き袋に焼き芋がそのまま入っています。
硬めで水にも強く、それでいて紙の風合いが出ています。
さらっとしていて触り心地もいいんですよね。
汚く見えない折ジワもこれまたよく、袋を再利用できないものかと逡巡してました。笑
袋は無地でお店のロゴも品種名の記載もありません。

肝心の焼き芋は、これも紙製?笑
皮のハリとシワ加減が紙製の袋と同じに見えます。
色味は異なりますが、焼き芋が完全に袋に擬態しています。
石焼きならではの焦げ目とパリッと感が目立ちます。
皮の色も濃く深い紫色で渋さを感じます。
大きさは200gほどのMサイズです。
端は切られて焼き上げられています。

断面がこちら↓

食感は、 間違いなくほくほく。
さつまいもでありながら栗のようです。
焼き栗の香ばしさもあります。
甘さはじんわり。
極めて秋を満喫できる素朴な味です。
皮はわずかにパリっと食感。
少し焦げ目があるのも苦くなくいいアクセントです。
石焼きではあるものの炭焼きのような香りと香ばしさです。

プレミアム金時いも

価格:800円(税込)

香川県産の特別栽培のさつまいもです。

「さつまいも博」で購入した際は、1時間に30本限定でした。

パッケージは同様です。

肝心の焼き芋は、膨らます前の風船。
1本の半分なので切られて四角く見えます。
端がキュッと窄んでいて、風船の膨らまし口のようです。
皮のハリ感・硬さはあまりなく少し湿っとしています。
皮の色が鮮やかで明るい紫色で細身なのも金時いもらしいです。
大きさは半分で100gほどのSサイズです。
こちらも端は切られて焼き上げられています。

断面がこちら↓

食感は、ほくほく。
これは、甘栗むいちゃいましたです。
じんわりした甘さを感じます。
野菜本来の甘味といった印象です。
皮の食感は強くはなく気になりません。
端が狭まっている分少し硬いです。
冷やし焼き芋でも全体的に風味が温かいです。
まさに秋を感じます。

プレミアム紅はるか

価格:800円(税込)

埼玉県プランツアートワークスの無農薬微生物栽培のさつまいもです。
オーガニックエコフェスタさつまいも大賞にもノミネートされています。

パッケージは同様です。

肝心のさつまいもは、落花生。
埼玉県産ではありますが、落花生のようなくびれがあります。
皮が自立しながらも蜜が溢れているのがみて取れます。
皮はさらっとした質感で落ち着いた均一な色味が、素材の良さを感じさせます。
大きさは200gほどのMサイズです。
こちらも端は切られて焼き上げられています。

断面がこちら↓

いも子のやきいも 阿佐美や プレミアム紅はるか

食感は、ねっとり。
中はなめらかで柔らかいです。
蜜も感じますが、蜜がダクダクというわけではないです。
しかし素材の濃い甘さを感じます。
ショートケーキをイメージさせます。
それでいて爽やかさもあります。
オレンジのような香りも抜ける気がします。
皮は少しサクッとした食感があります。
香ばしい苦味がアクセントになります。

総評

皮も含めて焼き芋。

石焼きということもあって、皮の食感も残されています。
身にペターとくっつくわけでもなく水分量が多いわけでもなく、適度なサクパリです。
そのおかげで手が汚れることもなく、気兼ねなく頬張れます。
また皮の香ばしさが全体のアクセントになっていて、焼き芋が持つ庶民の味を感じさせてくれます。
最近はねっとり甘い焼き芋の身のみが注目されがちですが、やはり皮ごと食べると美味しさ倍増だなと実感しました!
より秋を温かみを感じる気がします。

ちなみに私は紅あずまが一番好きでした!
ほくほく系焼き芋・焼き栗好きにとっては最高です。
しっかりした食べ応えがあるので、存分に頬張れて口いっぱいに幸せが広がります。
ずっしりした重みが満足感を高めてくれます。

店舗情報

「いも子のやきいも 阿佐美や」さんは、常設店舗を設けておりません。
さいたま市と戸田市で週3回ほどの移動販売を行なっております。
また土日祝日は、埼玉県を中心にイベント出張も行なっています。

まとめ

今回は、「いも子のやきいも 阿佐美や」さんの紅あずま・プレミアム金時いも・プレミアム紅はるかの焼き芋合計3種類を食べ比べてみました。

「いも子のやきいも 阿佐美や」さんは、旬や時期によってシルクスイート・ふくむらさきなどの異なる品種も販売しています。
壺焼き・石焼きの焼き方の違いも楽しめます。
また焼き芋以外にも純生焼き芋ロールなどのスイーツや、夏には人力発電でかき氷も取り扱っています。
全て天然素材を使用しているので老若男女が安心して食べられます。

さらに焼き芋屋さんを開業したいと考えている方を支援する講座も開催しています!!
焼き芋を心から愛し広めていきたいという想いが伝わりますね。

移動販売やイベントで見つけた際は是非足を運んでみてください!

ごちそうさまでした!

「いも子のやきいも 阿佐美や」さんはSNSで店舗情報を発信しています!
気になる方は✅
@asamiyainfo
asamiya.imoice

\「さつまいも博2022」で購入した焼き芋はこちら/

\埼玉県の焼き芋はこちら/

\さつまいも好きのダイエット方法はこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました