【善福寺・碑文谷】埼玉県川越さつまいも農家のカフェ「OIMO cafe」6種食べ比べ

OIMO cafe さつまいも

埼玉県入間郡三芳町に本店がある「OIMO cafe」。
さつまいも農家による、さつまいも好きのための、焼き芋をはじめとしたさつまいも料理を提供するカフェです。
「芋博」「さつまいも博」「関西おいも万博」「品川焼き芋テラス」などのイベント出店でも人気です。

今回は、シルクスイート・あいこまち・むさしこがね・紅赤金時・紅はるか・むさし金時の焼き芋合計6種類をいただいたのでご紹介します。

「OIMO cafe」のこだわり

さつまいもは、長年落ち葉堆肥を使い続けることによってもたらされたふかふかの土で育てられたむさし野自然農場の「川越いも」を使用しています。
土はさつまいもの根が張りやすく、養分をしっかりと吸い上げ水はけがよいので、土中のさつまいもを収穫まで健康な状態に保たれます。

そのさつまいもを壺でじっくり焼き上げています。
時期・品種・気温・熟成度合いによって焼き時間や壺内の温度調整をし、極限までお芋ポテンシャルを引き出しています。

レビュー

シルクスイート

価格/内容量:220円(税込)/100g

まずはパッケージ。
白い紙袋にそのまま焼き芋が入っています。
紙袋の中心には毛糸のようなイラストと品種名が記載されています。
名前に因んでシルクをイメージしたイラストなのかもしれません。

肝心の焼き芋は、かりんとう。
芋類らしく丸みを帯びたフォルムです。
皮は黒に近い茶紫色で濃いめです。
大きさは200gのMサイズくらいです。
端は切って焼き上げられています。

断面がこちら↓

OIMO cafe シルクスイート

食感は、しっとり。
滑らかで柔らかく、口溶けがいいです。
少しほくっと感もあるので焼き芋らしさも忘れていません。
甘さは優しく控えめです。
皮の食感は多少感じるかもしれません。
濃い味ではないものの物足りなさはありません。
食べ応えもあります。

あいこまち

価格/内容量:220円(税込)/100g

まずはパッケージ。
袋は同じものです。
中心のイラストは櫛とかんざし。
「こまち」という名前から小江戸に住む女の子をイメージしたのかもしれません。

肝心の焼き芋は、赤紫蘇色。
形は釣り具のウキのように中心に丸みがあります。
皮の色はさつまいもの絵文字にあるような濃い赤紫です。
こちらも大きさは200gのMサイズくらいです。

断面がこちら↓

OIMO cafe むさし金時

食感は、しっとり。
滑らかながらほくほく感もあります。
安心するようなほのかな甘さです。
端が少し硬い気もしますが、苦くはありません。
全体的にシンプルな味です。
しかし味に物足りなさは感じません。
これがさつまいも本来の味です。

むさしこがね

OIMO cafe むさしこがね

価格/内容量:220円(税込)/100g

まずはパッケージ。
袋は同じものです。
中心のイラストは小判。
「こがね」の名前から江戸のお金をイメージしたのかもしれません。

肝心の焼き芋は、アメリカンドッグ。
形は上部に丸みがあります。
皮の色が黒に近く、見た目では硬そうに見えます。
こちらも大きさは200gのMサイズくらいです。

断面がこちら↓

食感は、ほっくり。
じわーっと広がる濃い甘さです。
雑味がなく自然な味です。
皮は身と一体化しており気になりません。
かなり芋感があり、お腹に溜まります。
キッチンカーで販売されている昔ながらの焼き芋のようです。
どしんと構えて温かい優しさで迎えてくれる肝っ玉母ちゃんを連想します。笑

紅赤金時

価格/内容量:220円(税込)/100g

まずはパッケージ。
袋は同じものです。
中心のイラストは王冠。
川越いもを代表し、「さつまいもの女王」との異名も持つ品種だからでしょうか。

肝心の焼き芋は、もはやきゅうり。
形は丸みがありながらも細長いです。
細長いと袋からでくるので困ります。笑
皮の色は名前の通り赤紫です。
大きさは150gのSサイズくらいです。

断面がこちら↓

OIMO cafe 紅赤金時

食感は、ほくほく。
かすかに甘いです。
端がパリッとしていますが、全体的に皮の食感はそんなに感じません。
水分が少なくまさにさつまいもの素材そのものです。
自然の原点の味を感じます。
焼き芋というより天ぷらのさつまいもに近いです。
昔ながらの素朴さの尊さを実感させられます。

紅はるか

価格/内容量:220円(税込)/100g

まずはパッケージ。
袋は同じものです。
こちらは1本の半分だったのでアルミホイルに包まれていました。
中心のイラストは棒グラフ?
「はるか:という名前にかけているのか右の方が左よりもはるかに数値が高くなっています。

肝心の焼き芋は、1本に見える。
半分の大きさなのにこれで1本に見えるようなフォルムです。
皮の色も濃く、質感・シワ感ともに文句ありません。
こちらも大きさは150gのSサイズくらいです。

断面がこちら↓

OIMO cafe 紅はるか

断面が完璧!
見た目から美味しさが伝わります。
食感は、もちろんねっとり。
中は溶けるように滑らかです。
蜜が固まっておりしっかり甘さを感じられます。
皮はパリっと感があるものの邪魔になりません。
見た目によらず意外とずっしりとしていて満足感が高めです。
さつまいもを食べている実感があります。

むさし金時

価格/内容量:220円(税込)/100g

まずはパッケージ。
袋は同じものです。
中心のイラストは掠れていますがおそらく武蔵の家紋。
名前に因んだのでしょうね。

肝心の焼き芋は、根菜らしい形。
変に曲がった形が土の中から根っこごと引き上げている光景をイメージさせます。
皮の色は暗めの赤紫です。
こちらも大きさは150gのSサイズくらいです。

断面がこちら↓

OIMO cafe むさし金時

食感は、ほくほくでありながらしっとり。
中はとにかく滑らかです。
ざらつきがありません。
甘さは優しく安心できます。
ふかし芋のような甘さです。
冷やし焼き芋で食べても温かさを感じます。
皮は皮感がなく邪魔しません。

総評

1個1個の満足感が高い!

6種類それぞれ大きさも食感も違えどさつまいもを食べている実感がします。
いつにまにかペロリと軽く食べられてしまうわけではなく、しっかり味わえる焼き芋です。
しかし重いわけでもなく適度で、1本で十分にさつまいも欲を満たしてくれます。
壺焼きなので皮の主張が強くないのも功を奏しています。
またパッケージのイラストが品種ごとに異なっていて遊び心を感じます。

ちなみに私は紅はるかが一番好きでした!
ほくほく系hが多めの6種類の中で食感の違いに惹かれたのかもしれません。
ねっとり系なのに食べ応えもしっかりあったのが嬉しいポイントです。
いつの間にか食べすぎてお腹が苦しくなるのを防げますよね。笑
そして断面を見た時から優勝でした。
中の色味も質感も綺麗で、万人受けする焼き芋です。

店舗情報

OIMO cafe 上富
11:00 - 18:00
定休日:月曜日・火曜日(祝日営業)
〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町上富287


OIMO cafe 善福寺
12:00 - 18:00
定休日:月曜日・火曜日
〒167-0041 東京都杉並区善福寺2-24-8


OIMO cafe 碑文谷
9:00 - 18:00
定休日:月曜日・火曜日
〒152-0003 東京都目黒区碑文谷5-29-8

コンセプトやメニュー・焼き芋の焼き方などは各店舗で異なります。

上富
コンセプト:さつまいも
メニュー:自家産新鮮野菜中心のランチ・さつまいもスイーツ・ハンドドリップコーヒー
焼き芋:むさし野自然農場 壺焼き

善福寺
コンセプト:焼き芋
メニュー:焼き芋スイーツ・日本茶やほうじ茶エスプレッソ
焼き芋:むさし野自然農場を始めとした全国のさつまいも 壺と炭焼き

碑文谷
コンセプト:テイクアウト
メニュー:さつまいもスイーツ・ハンドドリップコーヒー・日本茶
焼き方:むさし野自然農場を始めとした全国のさつまいも オーブン焼き

期間限定でデパートに催事出店することもあります。

まとめ

今回は、「OIMO cafe」さんのシルクスイート・あいこまち・むさしこがね・紅赤金時・紅はるか・むさし金時の焼き芋合計6種類をいただきました。

「OIMO cafe」さんでは、旬や時期によってハロウィンスイート・しろほろりなどの異なる品種を販売しています。
焼き芋以外にも干し芋や芋羊羹などのさつまいもスイーツも取り扱っています。
シルクスイートの焼き芋やスイーツは通販でも購入できます。
上富本店ではこだわりの野菜を使用したランチも用意しています。
各店舗ごとに雰囲気もメニューも焼き芋自体も異なるので全て回りたいですね。
是非3店舗で焼き芋食べ比べをしてみてください!

ごちそうさまでした!

「OIMO cafe」さんはSNSで店舗情報を発信しています!
気になる方は✅
 oimocafe6340
 oimocafe2248
 oimocafe5298

\「芋博2021」で購入した焼き芋はこちら/

\「さつまいも博2022」で購入した焼き芋はこちら/

\東京都内の焼き芋専門店はこちら/

\さつまいも好きのダイエット方法はこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました